忍者ブログ

近藤さんち

ブラック派だったけど最近はミルク入れて飲むよ

[PR]

2017.08.21 (Mon) Category : 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

身長比較

2010.04.11 (Sun) Category : にっき

入学時(中学1年の2007年3月20日):156.6cm
 ↓
現在(高校2年の2010年4月11日):171.3cm

 =14.7cm伸びた



3年間ってSUGEEEEE!

 



























「どーもー。君の心の友達、かっこいいフリーランス癒し系のお兄さんだよ!」

「あれ?ええと……」

「やだなぁ、もう忘れたのかい?クリスマスの時にサンタさんと一緒にお食事したあの極秘VIPさ」

「ああ、お父さんの……(変な)従兄弟さんでしたっけ。こんばんは」

「いやいやご丁寧に、どうもどうも~。でも今ちょっと微妙な間あったね?」

「では、あの、もう帰るんで」

「いやいやご無体な!僕何かしたかい!?」

「バイト終わった後に店の裏で留まるなとか、知らない人についてっちゃいけませんとか昨日お父さんに言われましたし」

「あいつ本当にそのまんま伝えてたなんて、ひどい奴だなぁ!全く、僕がいったいどんな大変な思いでここに来たと思ってるんだ!」

「何があったんですか?」

「腹が減った。春なのに寒い。そこの自販機でホットミルクティーおごってくれ」

「はぁ」

「あ、何ならミルクセーキでもいいや。僕甘党だから」

「はぁ」

「あと肉まんが食べたいなぁ」

「……はぁ」





「……と言うわけなんだ。頼まれてくれるかな」

「すみませんよく解らないんですが」

「何がだい?」

「何で僕?ていうか、どこで知ったんですか?お父さんだって、特に何も知らない普通な一般人の……はず、なのに」

「怖い……こほん、少々活発なお姉様にお伺い致しまして。君も知ってるだろう」

「あー……?ああ。知り合いだったんですか」

「ふふ、人ってどこで繋がってるか解らないもんだろ?その様相はインターネットよりも複雑怪奇。そしてさらにカミングアウトするなら、さっき言った奴もそのお姉様も、以前は僕と一緒に朝から晩まであんなことやこんなことをして過ごしてきたんだよ」

「主に朝から晩まで貴方の衣食住の世話をしてたんですね」

「君、エスパーって言われない?」

「そうでもないですが。ともかく、喧嘩の仲裁ならその人に頼むか、直接言っちゃう方が良いんじゃないですか?僕なんてちょっと顔見知りなくらいですし、部外者もいいとこですよ」

「そうかな~……そうだなぁ……でもねぇ、僕、たぶんあの二人からは死んでると思われてるんだよな~……」

「えっ」

「ちょっとごたごたに巻き込まれてる最中に別れちゃってね。以来、二年くらい会ってないんだ」

「なら、なおさら貴方自身が言った方が……」

「だって恥ずかしいじゃないか!僕の照れ屋さんっぷりはハンパないんだよ!?君と話してる今だって、すっごい心臓ドキドキしちゃっててさ!初恋の相手に一世一代な告白しに行くくらいのレベルでの動悸息切れ胃痛に足の震えがクライマックスなんだ!」

「や、でも僕が言ったところで、貴方とどんな関係なのかや行方を聞かれるだけだと思いますが」

「あっ、それもそうだ。君やっぱりエスパーだ」

「……」

「うーん、参ったなぁ……逃げる準備するかなぁ、今のとこ今月末で契約切れるし。よし、黙っていよう!」

「僕、今ここで話してて意味あったんですか……」

「大アリさ!さっきも言ったように、今月末でアパートの契約切れちゃうんだよ。でももうお金ないの。あとそうそう、やっぱり誰もいない部屋に帰るのはつまんないよ。うん」

「はぁ」

「ってわけで、来月から君ンとこ泊めてもらおうと思うんで親御さんに宜しく」

「……は??」

「あ、お父さんの方には僕から言っとくから、お母さん説得しといてね!」

「猟奇系のエロ映画いけますか?」

「へ?例えばどんな?バトロワみたいなのかい?」

「んー……普段つつがなく過ごしてた女の人が、遠くの孤島に土着したカルト宗教の猟奇的な儀式に使われるため無差別に拉致されて、それを追った刑事と共にひどい目に会って最後は結局全員死ぬ映画とか」

「えっ……」

「三人家族が別荘に遊びに行ったら、男二人が「卵分けてくれませんか?」って訪ねてきて、でもそいつらは歪んだ快楽殺人者で、その一家は時間をかけて一方的にネチネチいたぶられて殺されて終わる映画とか。ちなみに最初に死ぬのは……」

「ううう、僕そういうのぜんっぜんダメ!音が聞こえただけで怖くて胃に大穴開いちゃうから許してほしいなぁ。映画なら最後までほのぼのハッピーエンドが大好きだねぇ。心が暖まるじゃないか。まぁ僕、映画自体をほとんど知らないけど」

「なら無理だと思います。お母さん試験は受かりません」

「えぇー……。その辺のバイトの面接より遥かに難しい質問じゃないか!不当だ!理不尽だ!謝罪と賠償と泊めてもらう権利と三食おやつに夜食を要求する!」

「普通はバイトの面接より通りにくい要望だと思いますが……」
PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カテゴリー
ブログ内検索
プロフィール
HN:
近藤・翔太(b21769)
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1993/07/07
職業:
高校二年生
趣味:
TVゲーム、工作
自己紹介:
 義理の両親とハムスターの3人+1匹暮らし。
 ぬるめのゲーヲタです。手先はそこそこ器用なんですよ!小物を改造したりフィギュア作ったりもするけど、最近はスイーツデコが楽しい。あ、外で遊ぶのも好きです。少人数も大所帯も楽しいよね!誘われたらほぼ100%ホイホイついていきます。
 こう見えてお父さんっ子だったりします。でもお母さんも大好きです。……ももも もちろんこゆきちゃん(ハムスター)も。怒ると怖いけど。

◆メッセ
 PL・他PC共用なのです。お手紙でどぞ。

◆ブログについて
 PBW「シルバーレイン」のキャラ用ブログです。なんぞそれ?と思ったらググるといいです。
 テンプレートは気分で変えてます。
アルカナツール

ステ傾向
 DEX>>STR>QUI=TGH>> WIS

お遊びな装備のときは
低MP魔法カードメインに支援中
普段防具で魔防補強してるので
支援中は魔防が紙です

→連続戦闘用
なんかつぶやくとこ

Powered by [PR]

忍者ブログ